院長紹介

from Doctor

院長:青木恭子

略歴

院長あいさつ
1964年4月16日生まれ
出身地 長野県
好きな食べ物 チョコレート
嫌いな食べ物 なし
趣味 沖縄三線、ランニング、読書
長所 優しい、前向き、どこでも寝れる
短所 優しすぎる、犬がこわい

所属学会・スタディグループ等

資格

認定講習会・受講セミナー

今後の当院の目標

5年後の目標

仕事上でこんなことがあったら嬉しいです

歯科医師を志すまで

小さい頃は本当にやんちゃで、野山を駆け巡る子供でした。

父が開業医でしたので、医療職に対する憧れや尊敬の気持ちは幼い頃から漠然とありました。
親戚で歯科医師の大叔母から「ワークライフバランスが取りやすい」「手が小さい」「女性に向いている仕事だ」と、薦められたのも、歯科医師を志した理由の1つです。

大学時代

歯学部時代はスキー部でトレーニングに明け暮れる毎日でした。朝練や夏合宿が厳しく、一年中真っ黒でした。スキー部時代の思い出は今でも大切な宝物です。 大学生活の中で上下関係のあり方なども学ぶことが出来、社会に出てからとても役に立ちました。

また私の母校の日大松戸歯学部は実習がとても厳しいのです。

「松戸さん(日大松戸歯学部)は根性あるから!」とよく言われたものです。

研修医時代

研修医時代は信州大学医学部附属病院 口腔外科で3年間過ごしました。 重篤な症例に立ち向かう先輩方の姿を毎日見させて頂いたことが、大変、勉強になりました。

勤務医時代

多くの先輩や同僚に支えられてすごした勤務医時代です。信州大学を退局してから静岡の山水会杉山歯科医院で勤務した際は、歯科衛生士学校の講師もしました。学生さん達に囲まれてとても楽しい毎日をすごしました。私には、陰になり日向になり守ってくれた恩人が何人も居ます。オーベンの先輩、チームメート、患者さん、近所の人たち。

その後、三歳の長女を連れて沖縄県に行き三年間をすごしました。裸足で駆け巡り、がじゅまるの木に登ったり、休日は海ですごしたかけがえのない日々でした。この時、今帰仁村と言う豊かな土地で村立診療所の所長として働きましたのが開業の際、とても役に立ちました。

開業を決めるまで

とても楽しい沖縄生活でしたので、そのまま今帰仁に残るという選択肢もありました。しかし、長女が小学校に入る頃になると、私が故郷の山河ですごした幼年期を思い出すようになり、「信州に帰って地域の人々に恩返しする仕事をしていきたい!」と強く思うようになり、ぱーる歯科を開業しました。

開業してから

平成14年に佐久平で開業しました。どんな仕事でも一生懸命やっていれば必ずフィードバックがあります。 患者さんの笑顔や幸せが私にとってのフィードバックです。

副院長:青木修

院長あいさつ

スタッフより
患者様へメッセージ

from Staff

羽毛田(歯科衛生士)

患者様の緊張や不安を少しでも和らげたいです。
定期的な医院での口腔ケアを通じて、お口の健康を守るお手伝いをさせて頂きます。

staffあいさつ

池田(歯科衛生士)

ぱーる歯科のホームページをご訪問頂きありがとうございます。
患者様一人ひとりのご要望を伺い、一人ひとりの患者様に見合ったお口の中の健康維持が出来ますようお手伝いさせて頂きます。

お困りのことはもちろん、何か気になること等ありましたらお気軽にお声掛け下さい。

staffあいさつ

川上(歯科衛生士)

患者様から「ありがとう」と言って頂いた時は、とてもうれしく励みになります。
ほとんどの方が歯科は苦手、怖いなどあまり良いイメージを持っていないかと思います。患者様の立場に立って少しでも不安や緊張をやわらげることができるよう努めていきたいです。

日々の患者様のお口の健康を守るため少しでもお役に立てればと思っております。頑張りますので宜しくお願い致します。

staffあいさつ

片井(歯科アシスタント・デンタルコンシェルジュ)

患者様がぱーる歯科に来て良かったと思って頂けるように、 患者様に寄り添ってお話などをお聴きしますので、よろしくお願い致します。

また、患者様に安心して頂けるように、笑顔で 対応したいと思います。

staffあいさつ

長野県佐久市
ぱーる歯科

岩村田駅から徒歩3分 / JR佐久平駅より車で1分 / 佐久ICより車で3分