顎関節症

subject

顎関節症治療について

「大きく口を開けたときや閉めようとするとき、痛い」
「口を開けるとき、または閉じるとき、カクンと音がする」
「口を開けたり閉めたりするとき、ひっかかってすぐできない」
などの症状に当てはまる場合は、顎関節症を疑ったほうが良いでしょう。

治療内容

顎関節症は日常で顎に悪い癖をしていたり、かみ合わせが悪い事故で顎がぶつかったといったときに起きてしまいます。

どうやったら治療をする事ができるのかというと、主にアプローチとしては
「歯を治療する」
「顎を治療する」
「その他」
という分類ができます。
どれにするかは顎関節症になっている原因によって変わってくるので、医師に診てもらわなければわかりません。

歯を治療するというのはかみ合わせを良くするために削ったり高くしたりするものです。
虫歯があるために物を噛む場所が偏ってしまうというときには、虫歯の治療も必要になります。

顎の治療はマウスピースを取り付けたり整体でずれている部分を元に戻すというものであれば、特に手術をする必要はありません。
整体などでずれを治すという場合には施術する人の技術によって効果が変わってきます。

顎の場合には顎の関節を包む関節包という部分に潤滑油のような役割をしている古い関節液が残っていることで違和感が出てしまうこともあります。
そのときには治療の流れとして注射針を用いて生理食塩水を出し入れして古い関節液が溜まっている部分を洗浄してくことになります。
また関節円板という顎を動かす部分が繊維組織と癒着しているときには、麻酔をかけて関節包に生理食塩水を入れて膨らませて切開し関節円板を元に位置に戻したり、切除する手術を行うことになります。
切開をするとなれば、体に大きな負担となりますから最終的な手段として考えておいたほうが良いでしょう。

あとは痛み止めや筋弛緩剤などを使って、とりあえず痛みや違和感を感じさせなくする保存療法もあります。
ストレスによる自律神経の乱れのように一時的な理由で顎関節症になっている場合には、その原因を取り除けば顎を動かせるようになりますからこの治療が有効です。

チェックシート

顎関節症チェックシート

長野県佐久市
ぱーる歯科

岩村田駅から徒歩3分 / JR佐久平駅より車で1分 / 佐久ICより車で3分